こんな女性は結婚できない!?3つの特徴

・結婚に対する理想が高すぎる/細かすぎる人

家庭全体の収入・出産に対するこだわりは許容範囲ですが、男性の性格や趣味・夫婦共同作業や家事の分担・果ては出産時期や子供の数まで、細かく希望を挙げる人がいます。

こうした女性の背景には、2パターンあります。一つは”ご自身の生育環境に対する反発”、もう一つは”周囲への嫉妬心や競争心”。こうした好戦的かつ消極的思考に、異性はとても敏感です。「おひとり様」生活でもご自身の生活に充実感を覚えられるよう、マインドフルネスへの取り組みや人生哲学の開拓に取り組むのが大切。一本芯の通った人は、異性・同性問わず、人間としての魅力に満ちています。

 

・キャリア志向の高い人

飄々とした雰囲気の女性でも、日々の仕事のなかで熾烈な競争をしながら暮らしています。家庭とは「安全基地」であり、リラックスして次の日へと備えるべき場所。仕事に対する意欲やキャリア志向の高すぎる女性は、私生活にも無意識に”仕事”を持ち込んでしまいがちです。

このような向上心の強い人は、ときとして”そのくらいの苦労なんて”という言い回しで、他者の悩みを完全に拒絶してしまう傾向にあります。一時流行った「熟年離婚」も、女性の一方的な拒絶が理由になった…という例が多くみられます。オンとオフをきっちり分けて心理的余裕を作り、異性のストレスを受け入れるだけの度量を備えるのが大切です。

 

・承認欲求の強すぎる人

典型的な例として、インスタグラムやツイッターでの自己アピールに勤しんでいる人です。SNSの更新頻度は「誰かに自分を認めて欲しい」という気持ちに比例するとも言われています。こうした「承認欲求の強い人」が恋愛・結婚をしようとするとき、相手を自分のアクセサリーのように扱ってしまう傾向にあります。自分をよく見せたいという気持ちは、日頃の些細な行動ですぐに露見してしまうもの。

自撮り写真に勤しんでいたり、外食するときに必ずスマホを取り出してしまう人は要注意です。背伸びせずに、ありのままの自分と相手を受け入れる努力が必要です。

30代・本格的な、婚活を進めるための方法

30代となると、そろそろ結婚をしたいと考える人も多くなる年代です。20代のときとは違い、「恋」ではなく「結婚」ということを目的として、恋人探しをしないといけなくなります。

20代のときでは、友達に紹介をしてもらったり、合コンにいったりという出会い方も考えられますが、30代で婚活を考えている人は「1年以内に結婚するぞ!」というような、今から結婚のことを考えられる人を探したいと考えることが多いです。

そのようなときに、婚活の一番有力な方法として考えられるのが「結婚相談所への登録」です。婚活パーティーへの参加というのも、婚活の方法としてもちろん考えられるのですが、婚活パーティーというのは、いつ開催されるかを自分で調べて参加しないといけません。仕事が忙しいときなんかは、婚活パーティーへの参加はめんどくさく感じて、後回しになってしまうことも多いです。

ですが、結婚相談所への登録をしてしまえば、毎月、決まった日に異性の人を紹介してもらえますし、アドバイザーさんの助けを借りて、婚活を進めるということもできます。仕事と、婚活を両立させるためには、結婚相談所という力強いものの助けも必要になると思います。

30代となると、仕事も忙しいですし、仕事の日には、まったく婚活ができず、休日も友人との予定を優先させてしまい、婚活は後回しとなってしまうこともあります。ですが、気が付いたときには、婚活をしようとすると、自分の年齢が婚活パーティーの対象外になってしまっていたり、気づいたときには遅いという状況も考えられます。

そのようにならないように、集中的に、婚活を進められるのは、結婚相談所だと言えます。結婚相談所では、毎月の紹介、アドバイザーさんによりお見合い、結婚相談所が主催する婚活パーティーなど、婚活をサポートしてくれるサービスがたくさんあります。

なので、本当に結婚をしたいと思っている人は、このサービスを利用して、活動してみるのが良い方法だと言えるのではないでしょうか。